iPhoneをビジネスに活用 〜スケジュール管理〜
 「時間がない!納期に間に合わない…。」
誰もが納期日までの強迫観念にかられた事があるのではないでしょうか?そこで、限られた時間を有効に活用するためにiPhoneを使ったスケジュール管理手法をご紹介します。
 Googleのスケジュール管理をiPhoneと同期(リンク)させることで、外出時にパソコンを開かなくてもスケジュールをその場で更新する事が出来ます。
右図の左上から2番目のアイコンをタップすると左図のように表記されます(左上はMonthly、下はDaily)。
ミーティング(以下、MTG)中にスケジュールが確定した場合、PCを開ける環境になくても、このまま入力すればGoogleのスケジュール(web)にも反映されますので、いつでも最新情報を確認する事が出来ます。一時気流行ったダブルブッキングという心配もありません。
また、右図のデイリースケジュールを見ると、1日の空き時間も確認できますので、17時から17時半にはPCにてメールを確認したり、19時以降には現在進行しているプロジェクトの資料作成を予定したり、ジムに行ってトレーニングしたり…と。
その日にやらなければいけない業務スケジュールも立てる事が可能です。スケジュール時間前には設定時間(30分前)にはアラーム通知もしてくれるのでうっかり忘れる事はありません。
 実際にWeb上のGoogleスケジュールとそう変わりはありませんので、容易に操作できます。
WebやiPhoneまたは手帳を使ったアナログ管理でスケジュールを管理すると、スケジュールの漏れやダブルブッキングを回避でき、且つ、その日にやらなくてはいけない業務スピードも意識する事ができます。
 無論、手帳だけでスケジュールを管理できる方はこの限りではありませんが…。
ご参考までに。